診療科

代謝・内分泌外科

糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症、肥満症など食事、生活習慣と密接に関わる代謝疾患と、バセドウ病、クッシング病、末端肥大症などのホルモン系(甲状腺、下垂体、副腎など)の機能が異常になる内分泌疾患の診断と治療を行う科です。

代謝疾患は、過食、飲酒、肥満、運動不足といった生活習慣の乱れに関係することも多く、最近、注目されているメタボリック・シンドロームを構成する疾患群です。

生活習慣病は、日常生活がそのまま治療の場であり、患者さん自身が主治医です。日常生活のあらゆる場面で患者さんをサポートすることが治療効果を高める上で重要です。

そのために医師だけでなく看護師、管理栄養士、理学療法士、薬剤師、臨床検査技師がチームを組み、それぞれの立場で患者さんに接し指導を行うことが必要です。
大学病院と連携し、教育的入院を勧める場合もあります。