診療科

整形外科

当院では、一般整形外科に加え、下記のような専門外来を設け、より専門的な診療を行っております。

膝関節外来診療のご案内

膝関節外科では、スポーツ外傷である膝前十字靭帯損傷・半月板損傷や、変形性膝関節症(加齢に起因する膝の変形・痛み)を主な対象として治療を行っています。治療は投薬や関節内注射による保存治療、装具療法、リハビリテーション等がありますが、それらを行っても良くならない場合には手術を行います。
スポーツ外傷に対しては、関節鏡を用いた手術(鏡視下前十字靭帯再建術、鏡視下半月板縫合・部分切除術)を行っています。
変形性膝関節症に対しては、年齢・活動性・膝変形の程度を考慮して、高位脛骨骨切り術(HTO)、単顆型人工膝関節置換術(UKA)や人工膝関節全置換術(TKA)を数多く行っています。

脊椎外来診療のご案内

脊椎は体を支える柱であり脊髄神経が通っています。脊椎の怪我や加齢による変化が、首や腰の痛み、手足のしびれや痛みの原因となることがあります。この原因を明らかにして治療を行う事が、患者様の生活の質の向上につながります。
当院では内視鏡や顕微鏡、最新の外科用イメージ等を駆使し、患者様に最適な手術と術後の早期回復を目指して治療を行っております。

股関節外来診療のご案内

股関節とは足の付け根の関節です。主な症状としては、歩行時の痛みや、ゴリゴリ音がする、股関節が曲げにくく靴下が履きにくい等があります。
当院では筑波大学股関節外科三島医師協力の下、股関節疾患に対する診療を行っております。手術治療として変形性股関節症や関節リウマチに対する、人工股関節置換術を行っております。近年の手術手技の洗練、人工関節の改良によって、昔と比べ短い入院期間で安定した長期成績の期待できる手術治療が可能となっております。

股関節外来担当医 三島 初(みしま はじめ)
非常勤医師 筑波大学整形外科准教授 日本股関節学会評議員
*三島医師の専門外来につきましては、事前にお問い合わせ下さればスムーズに受診いただけます。

肩関節外来診療のご案内

肩関節専門外来は県内でも僅かにとどまります。
当院では、水戸赤十字病院埜口医師協力の下、肩関節疾患に対する診療を行っております。
手術治療では、関節鏡を用いた腱板修復やバンカート手術を行っております。

肩関節外来担当医 埜口 博司(のぐち ひろし)
非常勤医師 水戸赤十字病院整形外科部長
*埜口医師の専門外来につきましては、事前にお問い合わせ下さればスムーズに受診いただけます。