診療科

膝関節外来

膝関節外科について

膝関節外科では、スポーツ外傷である膝前十字靭帯損傷・半月板損傷や、変形性膝関節症(加齢に起因する膝の変形・痛み)を主な対象として治療を行っています。治療は投薬や関節内注射による保存治療、装具療法、リハビリテーション等がありますが、それらを行っても良くならない場合には手術を行います。
スポーツ外傷に対しては、関節鏡を用いた手術(鏡視下前十字靭帯再建術、鏡視下半月板縫合・部分切除術)を行っています。
変形性膝関節症に対しては、年齢・活動性・膝変形の程度を考慮して、高位脛骨骨切り術(HTO)、単顆型人工膝関節置換術(UKA)や人工膝関節全置換術(TKA)を数多く行っています。