併設施設紹介

介護老人保健施設 つくばリハビリテーションセンター

【通所リハビリテーション】

住み慣れた環境で、その人らしく生活できるよう支援します

画像

通所リハビリテーション(デイケア)とは、日常生活の自立や要介護の重度化を予防するための機能訓練を行う介護サービスです。在宅から通所し、健康状態の確認・入浴・食事や身体機能の維持・向上を図るためにリハビリテーションを行います。

通所リハビリテーションの特色

  1. いちはら病院併設の安心感
  2. 多数の理学療法士と作業療法士を配置し、個別リハビリを提供
  3. 常勤の言語聴覚士が勤務し、嚥下障害や失語症のリハビリも充実
  4. 介護度や医療依存度に適したケア・アクティビティを提供
画像
画像

ご利用対象者

要介護認定を受け、要支援または要介護と認定された方
※介護保険をお持ちでない方はご相談ください

定員

Aホール 35名
Bホール 15名

画像

サービス内容

1、送迎

リフト車(車椅子のまま乗車可能)、乗用車で送迎いたします。送迎範囲はつくば市内を中心に片道13km以内です。また、送迎範囲外の方もご家族送迎にてご利用可能です。お気軽にご相談ください。

2、入浴

機械浴、一般浴があります。利用者様に適した方法で提供します。
また、Bホールでは自宅環境に合わせた入浴動作練習が行えるよう個浴を設置しています。

3、リハビリテーション

理学療法士、作業療法士、言語療法士が常勤しています。
利用者の身体機能や生活状況を把握し、その方に適したプログラムを提供します。また、言語聴覚士が常勤しており、失語症や高次脳機能障害へのリハビリ、嚥下障害を有する方のお食事内容の相談もできます。
看護師・ケアスタッフと連携し、利用者様が在宅にて安全でよりその人らしい生活を送るために、家屋状況の確認や御家族様への介助指導を行っています。

Bホールの特徴

  1. 定員15名の少人数制。ご利用者様おひとりおひとりに寄り添える環境です。
  2. ユニットバスを設置。自宅環境に合わせた入浴動作練習が行えます。
  3. 応用動作練習を実施。料理や洗濯など家庭での役割の再獲得に向け練習します。
  4. 外出レクリエーションを通して社会参加や余暇活動を支援します。
  5. 自ら予定を決め、役割を担うことで利用者様の主体性を引き出します。

料金表

介護予防通所リハビリテーション費 介護度 基本単位 運動器機能向上加算 サービス提供体制強化加算 介護職員処遇改善加算Ⅰ
要支援1 1,812単位/月 225単位/月 48単位/月 所定単位数に4.7%乗じた単位
要支援2 3,715単位/月 96単位/月
大規模型通所リハビリテーション費Ⅰ 介護度 基本単位 リハビリテーションマネジメント加算Ⅰ リハビリテーションマネジメント加算Ⅱ 短期集中個別リハビリテーション実施加算 認知症短期集中個別リハビリテーション実施加算Ⅰ 認知症短期集中個別リハビリテーション実施加算Ⅱ
開始~6月 6月以降
1 714単位/日 230単位/月 1,020単位/月 700単位/月 110単位/日 240単位/日 1,920単位/月
2 861単位/日
3 1,007単位/日
4 1,152単位/日
5 1,152単位/日
その他の
加算
入浴介助加算 50単位/回 社会参加支援加算 12単位/日
口腔機能向上加算 150単位/月1~2回 サービス提供体制強化加算Ⅰロ 12単位/日
中重度ケア体制加算 20単位/日 介護職員処遇改善加算Ⅰ 所定単位数に4.7%乗じた単位

1単位=10.55円

実費 食費 750円/日 入浴時消耗品代 80円/回
衛生管理用タオル代 150円/日 紙おむつ代 210円/枚
喫茶代 180円/日 リハビリパンツ 262円/枚
レクリエーション材料費 100円/日 尿取りパッド 84円/枚

営業日

月~土曜日(祝日を含む)
午前8時30分~午後5時  時間外延長19時迄可(ただし送迎は不可)
※日曜日と年始1/1~1/3は休業

ご見学のお申込み

ご見学は日祝日を除き、9:00~17:00まで対応させていただいております。
下記連絡先にご連絡いただくか、担当ケアマネージャー様にご相談ください。

お問合わせ

介護老人保健施設
つくばリハビリテーションセンター 支援相談員まで
茨城県つくば市大曽根3681 TEL:029-864-0568 FAX:029-864-3678
E-mail:info@ichihara-hospital.or.jp