沿革

医療法人 健佑会

昭和63年に地域に根ざした整形外科病院「市原病院」としてスタートしました。現在は、関連法人として社会福祉法人健誠会を設立し、いちはらメディカルグループとして地域の皆様にご利用いただいております。

昭和63年7月つくば市大曽根に一般病院「市原病院」開設(148床)
平成 7年1月医療法人健佑会設立
4月医療法人健佑会「いちはら病院」設立
平成 8年9月いちはら訪問看護ステーション開設
平成11年9月医療型療養病床開設(100床)
一般病床を99床に病床区分変更(いちはら病院199床)
平成11年10月「茨城県南スポーツ医科学センター」設立
10月一般病棟 2.5:1 看護取得
平成12年4月総合リハビリテーション施設基準取得
いちはら病院介護支援センター(居宅介護支援事業所)開設
5月県指定地域リハステーション指定許可
平成14年4月総合リハビリテーションA施設基準取得
職員宿舎「リバティベル」17室
11月回復期リハビリテーション病棟50床開設
(急性期 99床  回復期 50床  療養型 50床)
平成15年3月特殊疾患療養病棟42床開設
(急性期 57床  特殊疾患 42床  回復期 50床  療養型 50床)
4月言語聴覚療法I基準取得
平成18年6月回復期リハビリテーション病棟100床へ変更
(急性期 57床  特殊疾患 42床  回復期 100床)
一般病棟 新看護基準10:1取得(旧基準2:1相当)
平成20年4月特殊疾患病棟42床を一般病棟へ転換
10月亜急性期病床29床開設
(急性期 67床  亜急性期 29床  回復期 100床)
手術棟増築
12月PACS(画像フィルムシステム)稼働
平成21年4月放射線・食事箋オーダーシステム稼働
5月リハビリオーダーシステム稼働
診療報酬請求オンライン化稼働
7月検査オーダーシステム稼働
外来オーダーシステム稼働
看護支援システム稼働
平成22年1月病院内駐車場リニューアル
5月(有)ケイエム企画として介護付き有料老人ホームつくばメディケアレジデンス開設
10月回復期リハビリテーション病棟112床へ変更
(急性期 61床  亜急性期 26床  回復期 112床)
平成24年3月電子SOAPシステム入院稼動開始
4月急性期病棟65床へ変更
(急性期 65床  亜急性期 22床  回復期 112床)
5月電子SOAPシステム外来稼動開始
平成26年9月亜急性期入院医学管理料2基廃止
10月地域包括ケア入院管理料1取得
平成27年7月歯科診察室開設
平成28年2月回復期リハビリテーション入院基準Ⅰ取得(西3階病棟)
平成29年3月地域包括ケア入院管理料廃止
4月回復期リハビリテーション病棟120床へ変更
(急性期79床 回復期120床)

社会福祉法人 健誠会

日付 内容
平成14年9月1日特別養護老人ホーム シニアガーデン開設
平成19年6月1日障害者支援施設 つくば総合福祉センター開設
平成19年11月2日地域密着型小規模特別養護老人ホーム シニアガーデンアネックス開設
平成23年5月25日地域密着型小規模特別養護老人ホーム シニアガーデン別館開設
平成24年4月2日特定相談支援事業所 障害児相談支援事業所 サポートプラザつくば開設
平成26年4月1日居宅介護支援事業所 シニアガーデンアネックス開設
平成28年6月1日一般相談支援事業所 サポートプラザつくば指定追加
平成29年10月障害者グループホーム 六本木ヒルサイドホーム開設
平成30年3月特別養護老人ホーム 障害者支援施設永福南社会福祉ガーデン開設