サイト内検索
いちはら病院
茨城県南スポーツ医科学センター
訪問リハビリテーション
介護老人保健施設つくばリハビリテーションセンター
通所リハビリテーション
いちはら訪問看護ステーション
居宅介護支援事業所いちはら病院介護支援センター
グループホームファミーユ
スタッフ募集
看護師復職支援プログラム始めました
 
院内勉強会日程など
HOME > 回復期リハビリテーション病棟
 

リハビリテーション部

回復期リハビリテーション病棟

  いきいき教室

充実したスタッフで365日リハビリテーションを実施いたします

■リハビリ風景   ■入浴シミュレーター
 
スタッフ100名にて手厚く充実した機能訓練を行っております。   入浴シミュレーターは自宅にある浴室と同じ環境でのリハビリを行うことにより、自宅での入浴動作イメージがつき、不安がなくなったとの声も聞かれています。


■サービス内容

◎リハビリテーションを毎日実施することにより、
  早期に在宅復帰・社会復帰できるよう支援いたします
◎衣類等の洗濯サービスが受けられます

◎液晶TV(地デジ)がご利用いただけます
◎ロッカー型冷蔵庫がご利用いただけます
◎インターネットがご利用いただけます
※その他サービス有(詳細は担当者まで)

※上記サービスには有料となるものもあります

  スタンダード(一般居室)    無料
  プレミアムスタンダード(準個室)・エクゼクティブルーム(特室)   有料
  ※お部屋によっては利用ができないサービスがございます (詳細は担当者まで)

 

■理学療法とは?

主に基本的動作能力の改善を図り、日常生活の向上を目指すリハビリテーションです。寝返る、起きる、座る、立ち上がる、歩くなど主として「移動」に関わる練習を中心に行う療法です。

理学療法とは?

 

■どんなことをするのか?

理学療法とは?どんなことをするのか?

 

■作業療法とは?

病気やケガをすると、体がうまく動かなくなったり、物事を順序立てて考えたりすることなどが苦手となることがあります。このような方々に対し、寝返り・起き上がりなどの基本的な動作から、トイレ・着替え・入浴などの身の回りの動作、家事動作、復職へ向けた動作の練習などを行います。

作業療法とは?

 

■どんなことをするのか?

作業療法とは?どんなことをするのか?

 

■言語聴覚療法とは?

脳の病気などにより言葉や飲み込みに問題をもたれた方にリハビリテーションを行います。患者様お一人お一人の多様な症状に対し、専門性のある評価・練習を行っています。

言語聴覚療法とは?

 

■どんなことをするのか?

言語聴覚療法とは?どんなことをするのか?

 

■回復期リハビリテーションでは

充実したスタッフで365日のリハビリテーションを提供しています。

発症後または手術後
2ヶ月以内
・ 脳血管疾患
・ 脊髄損傷
・ 頭部外傷
・ くも膜下出血のシャント術後
・ 脳腫瘍
・ 脳炎
・ 急性脳症
・ 脊髄炎
・ 多発性神経炎
・ 多発性硬化症
・ 腕神経叢損傷等の発症後若しくは手術後の状態又は義肢装具装着訓練を要する状態
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、若しくは膝関節の骨折又は2肢以上の多発骨折の骨折の発症後又は手術後の状態
・ 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態
神経、筋、靱帯損傷後
1ヶ月以内
・ 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態
・ 股関節又は膝関節の置換術後の状態

■回復期リハビリテーションセンターの一般的な流れ

回復期リハビリテーションセンターの一般的な流れ

 

■ご入院後の流れは

ご入院後の流れ

 

■家屋評価(退院フォロー)

 家屋評価とは、自宅退院される予定の患者様に対し、リハビリスタッフや在宅生活に関わる人たちが自宅へおもむき、在宅での生活環境を確認し、家屋改修の提案・福祉用具の検討をさせて頂く事です。
 家屋状況に合わせたリハビリテーションを検討・施行する事でより在宅生活に近いリハビリテーションの提供が可能となります。

家屋評価(退院フォロー)

 

■お問い合わせは

医療法人 健佑会 いちはら病院 医療福祉連携室まで
茨城県つくば市大曽根3681 TEL 029-877-0170 FAX 029-877-0377
E-mail:renkei-shitu@ichihara-hospital.or.jp