健佑会について

理事長あいさつ

時代の要請に合わせ、最善で、最良なサービスを提供し続ける

医療法人 健佑会理事長市原健一

医療法人健佑会は、四季折々に美しい姿を見せる双峰「筑波山」を望む自然豊かな場所にあります。筑波山は古事記にも記載される名山であり、つくば市内には悠久の歴史を感じさせる町並みが残されています。また、つくば市は世界的な最先端技術を誇る研究都市も抱えており、医療法人健佑会は、歴史と未来を感じさせる希代な街の中に立地しています。

昭和63年に市原病院として開設して早30年。地元から愛される病院として、地域密着の経営をしてまいりました。「救急から在宅までの一貫した医療と介護を提供すること」をモットーに、現在では整形外科、内科、リハビリテーションを中心とする「いちはら病院」を中核として、グループ内に社会福祉法人や有料老人ホームを抱える、地域にとってなくてはならない「いちはらメディカルグループ」として成長、発展してまいりました。

いちはら病院におきましては、時代の要請に合わせ、最善で、最良なサービスを提供し続けてきた結果、整形外科手術は膝関節・脊椎など年間1000件を超え、更に回復期リハビリテーション病棟は県内一番の病床数となることができました。

今後も、ホスピタリティーNO1を目指し、地域にとってなくてはならないメディカルグループとして、最善、最良のサービスを提供し続けてまいります。

市原健一オフィシャルサイト